治験について

治験とは

「治験」は、古くて新しい制度です。

 薬は国から承認を受けなければ医療機関や薬局で取り扱うことが出来ません。国から薬として承認を受けるために、健康な人や患者さんの協力によって行う臨床試験を「治験」といいます。

  「治験」が行われるのはなにも新しい薬に限ったことではありません。海外ですでに使われている薬でも日本国内で使う場合は「治験」が必要です。耳慣れない言葉ですが、最近始まったものではなく、現代医学とともに歩み、歴史と実績のある、しっかりと確立された制度なのです。



「治験」は、薬を世に送り出すために必要です。

 薬の成分は、化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された未知の物質から生まれます。発見された物質は、動物実験などを繰り返して、病気に効果があり安全かどうかを試験されます。

  しかし、やはり人が使うものですから、この「くすりの候補(治験薬)」が本当に人に対して効き目があるのか、安全なのかなどを確認する必要があります。



「治験」は先進諸外国で広く行われています。

 「治験」は全ての先進国で行われています。その正確さや人権の尊重を重視して、世界的に統一された基準があります。
  ボランティア意識の発達している先進諸外国では、「治験」に対して「献血」と同じような、社会にとって必要なことだという意識が広がっています。



今「治験」への理解が求められています。

 世界各国で開発された新薬を100とした場合、多くの先進諸外国では80〜95の薬がすでに使用されているのに対して、日本では15〜20程度だといわれています。日本では「治験」への認識が低く、協力が得られず、新しい薬の誕生が遅れているのが現状です。

  「治験」の理解者が増えることで、病気で苦しむ患者さんが待ち望む薬を、いち早く世に送り出すことが出来るのです。