治験について

治験のメリット・デメリット

治験は患者様の善意に基づいたボランティアになります。このためその治験を受けるメリットとデメリットを充分にご検討いただいた上でご判断ください。

いち早く新しい薬で治療を受けられます。
今までにない効果が期待される薬や、海外で実績のある薬など、新しい薬による治療をいち早く受けることができます。

よりきめ細やかな治療を受けられます。
試験という側面があるので、通常の治療より詳しい検査や診察を行います。
よって、自分の病気の状態について詳しく知ることができます。

治療費の軽減が受けられます。
治験中、一部の薬代や検査の費用を製薬会社が負担します。
そのため、治療費が軽減されることがあります。

交通費の負担軽減費が支払われます。
通院にかかる負担を軽減する目的で、一定の範囲で、通院のための交通費補助が受けられます。

担当医師が一貫して診察します。
治験担当医師(複数の場合もあります)が一貫して診察します。専門の治験担当医師以外が診察することはありません。

じっくりと相談ができます。
治験コーディネーターが治験全般に関する質問や相談に親切に対応します。

治験は社会貢献です。
「病気で苦しんでいる人のため」「次の世代によりよい薬を残す」そういったことのために協力するという社会貢献ができます。


治療期間や通院回数が多くなります。
薬の効果や安全性の確認のために、一般的な治療に比べて来院回数や検査が多いこともあります。

様々な協力をお願いすることがあります。
薬を忘れずに内服することや、体の状態を記録することを、お願いすることがあります。また治療の内容によっては、運動や食事の制限をお願いすることもあります。

副作用の可能性も完全には否定できません。
新しい薬には未知の副作用が発生する可能性があります。もちろん治験では充分な安全性をもって服用していただきますが、この可能性も完全には否定することはできません。

治験は指定の病院以外受けることができません
治験は決められた病院でしか行うことができませんので、患者さんが希望しても、指定の病院以外受けることができません。また安全性のために、市販の薬を使う場合も治験担当医師に相談しなければなりません。